病院での若はげ治療にせまります

若はげはお医者さんでどうやって治すんですか?

さて、このサイトでは若はげは病院治療が良いと推していますが、実際病院での若はげ治療はどういったことをするのでしょうか?

どのクリニックでも最近では、薬を服用するといった治療法が一般のようです。各患者にあった薬の処方の仕方をきちんと考えてくれるため、漠然と育毛剤に手を出すより効果が期待できます。

下記にそれぞれ、特徴ごとにご説明しましょう。


@プロペシア(服用薬)

プロペシアは日本で唯一の「飲むAGA治療薬」といわれており、若はげの原因となる男性ホルモンの生成を抑制し、脱毛を防ぐ効果があります。髪の毛が増えるという効果よりは、現状を維持させることが目的です。抜け毛を防止したり、髪が細くなるのを防ぎ太く長くなることで薄毛を目立たなくさせます。

尚プロペシアとは薬の製品名で、この薬の効果をもたらす成分はフィナステリドといいます。



Aミノキシジル(外用薬)

ミノキシジルは日本では市販薬として承認されており、ミノキシジルを代表する薬であれば、大正製薬の「リアップ」が有名です。
本来は血管を広げる薬として開発されていましたが、毛を成長させる効果があるということが判明し、若はげ治療にも用いられるようになりました。

効果としては、毛乳頭細胞や毛母細胞に対して、毛の成長を促す物質を出させる働きをします。
現在の病院治療のほとんどがこのミノキシジルとプロペシアの併用によるものが多いです。


Bメソセラピー(施術法)

若はげ治療におけるメソセラピーとは、フィナステリドやミノキシジルをはじめとする、発毛に有効な成分を注射器で頭皮に直接注入するものです。
現在、主流となっているフィナステリドやミノキシジルの服用による治療は、成分が全身の血管をめぐった後で、毛根に辿りつくため、毛根に直接働きかける成分の量が少ないということがデメリットになります。
それに比べメソセラピーは、有効成分を頭皮に直接注入するため、有効成分が毛乳頭にダイレクトに働きかけられる為、効果の期待も高くなります。



HARG療法(施術法)

HARG療法とは、HAir(毛髪) Re-Generative(再生) theraphy(治療)」の頭文字を取った略語です。
HARGカクテルという成分を頭皮に直接注射し、髪の毛の軟毛化を抑制し、正常に成長するように促すものになります。
このHARGの主成分は、幹細胞から抽出された成長因子(髪の成長を促す物質)とビタミンやアミノ酸などになります。


▼関連コンテンツ▼

⇒ 病院で治せるならどこの病院がいいの? 管理人おすすめの若はげ治療病院
⇒ 管理人はこれで若はげを治しました。 管理人の若はげ治療体験記


若はげをお医者さんで治しました