プロペシアやミノキシジルなら海外通販でも買えますが

病院で若はげ治療をする際のポイントをご紹介。

よくインターネットで『若はげ』『AGA』などのキーワードで個人輸入での、プロペシアやミノキシジルの販売サイトを見かけるのことが多いのですが、同じ薬を服用するだけなら、無理に病院で高い治療費を払う必要はないのではないでしょうか?

実は、管理人が以前、このやり方で自己治療を行っていた時期がありました。(1年くらい)


結論からいいますと、あまり効果は得られなかったです。



当時、管理人が使用していたのは、ミノキシジルという発毛成分のある塗り薬でした。


同じ成分であるのに何がダメだったのでしょうか?



まず、一つ目の理由は、発毛だけに気を取られ、抜け毛の進行の食い止めができてなかったことです。
抜け毛の進行をほったらかしで、ひたすら発毛剤だけを投与していたことになります。

しかも、ミノキシジルの一回の塗布量は決まっており、それを越えて多く塗布しても意味がないのです。
早い話が薬だけ手に入れて、薬の処方の仕方が分からないまま使用していたということになるのです。


これでは、元も子もありません。


余談ですが、通院中に先生から聞いた話で、海外から個人輸入で手に入れる薬は悪くはないのですが、薬に対する成分量があいまいである場合が多いとのこと。

同じ錠剤一つとっても必要な成分量が入ってないんじゃ薬にならないですよね。笑

したがって、若はげ治療は、多少経費高でもきちんとした医療機関に通うほうが最善なのだと管理人は思います。




若はげをお医者さんで治しました